A+ A A-

I-94

I-94は、アメリカに到着したり、経由したりする飛行機野中で、よく税関申告書と一緒に配られます。これはアメリカに出入国した記録をとる物で、入国時に半券を渡され、出国時に回収される仕組みです。税関申告書は家族で1枚書けばいいですが、I-94は個人単位で書かなければならないので注意してください。

記載しなければならない内容は以下の通りです。パスポートを取り出せる状態にしておけば、滞在先の住所だけ別途メモしておけばいい内容です。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • パスポート番号(旅券番号)
  • 航空便など、入国に使った交通手段の便名
  • 居住国
  • 搭乗地
  • 査証発行地(パスポートの発行地ではないので注意)
  • 査証発効日(パスポートの発効日ではないので注意)
  • 米国内の住所(ストリート名)
  • 米国内の住所(州、市)

ペラペラの紙を一枚渡されるだけなので、なんとなく大した書類に思えないのですが、これが実は非常に大事です。パスポートやビザと同等に重要だと思ってください。可能であれば出来るだけ早いうちにコピーをとっておく事をお勧めします。万一紛失した時に、コピーがあると無いとでは全然違うと聞きます。無い場合は下手するとうまく出国できないとか…(((゜∀゜;)))

2010年7月1日からI-94の制度が変わったそうです。それまでは乗り継ぎやビザ無しでアメリカに入国する方は緑色のI-94に記入する義務があったのですが、今後は記入の必要はありません。緑色のI-94そのものが無くなったそうです。したがって、I-94に記入しなければならないのは、アメリカ市民(citizen)とビザ所有者のみです。該当者は白いI-94に記入してください。

「飛行機の中で寝てたらI-94の用紙を受け取れなかった!!!」という方も焦る必要はありません。入国審査場のあたりに必ず備えてあります。もしくは飛行機を降りるときにでもCAの方に言えばもらえます。

I-94を紛失したら

上記のようにパスポートやビザと同等に大切に大切に扱って欲しいI-94ですが、それでも紛失してしまったり盗難にあってしまうこともあります。その際は早めに再発行の手続きを取りましょう。

I-94の再発行依頼は米国市民権・移民局にI-102というフォームを提出することで行えます。2010年9月現在、フォームをダウンロードできるサイトはこちらです⇒ダウンロードページへ

私もこの記事を書くために初めて再発行の手続きを調べましたが…再発行手数料が高いっ!なんと$320…。I-94を紛失しただけでもショックなのに、泣きっ面に蜂とはこのことです。絶対に無くさないようにしましょう。